Redmine プラグイン 今更ながらEasyガントチャートを導入してみた

はじめに

Easyガントチャートとは

ガントチャートを直感的にいじることができるプラグインです。
https://www.easyredmine.com/redmine-gantt-plugin
今回は無料版を導入しました。

導入の経緯

プロジェクトを管理していたらリスケすることって多々あるじゃないですか。
その度にチケットの開始日と期限をいちいち更新するのって結構手間ですよね。
親チケレベルでリスケしようとしたら10個とか20個とかのチケットの開始日と期限を変えないといけないわけです。
もっと手軽に開始日と期限を更新したい!と思ってこのプラグインの導入を決めました。

導入手順

プラグインファイルを取得する

こちらから無料版のプラグインをダウンロードします。
https://www.easyredmine.com/redmine-gantt-plugin
スクリーンショット 2017-09-08 11.48.51.png

Redmineプロジェクトに配置

ダウンロードしたzipをredmine/htdocs/pluginsに展開します。

bundle install

いつものようにpluginsに配置して再起動したらエラーとなったので調べた結果、
bundle installが必要なようです。
easy_ganttに移動してbundle installをしましよう。

db:migrate

bundle installして一安心し、再起動したらまたエラーとなったので調べた結果、
db:migrateも必要なようです。
rake --trace db:migrate RAILS_ENV=productionしましょう。

再起動

最後に再起動して完了です。
Redmine上の 管理>プラグイン で確認しましょう。

設定

各プロジェクトでEasyガントを有効にする

設定>モジュール でEasyガントを有効にします。
スクリーンショット 2017-09-08 11.55.54.png
有効にしたら、プロジェクトメニューにEasyガントチャートが追加されます。

実際のプロジェクトデータを取り込む

Easyガントチャートに移動すると、サンプルデータが表示されていると思うので(初回だけ)、
実際のプロジェクトデータを取り込むボタンを押して実際のプロジェクトデータを取り込む。

動作確認

こんな感じに移動できます。
タイトルなし.gif

惜しいところ

  • 期間の拡張はできない(横に広げれない)
  • おそらくデフォルトのテーマにしかデザインの完全な対応はしていない